ロト君のサイト by lotokunn

L'sCore ロト君のサイトへようこそ!

  1. TOP
  2. WordPress
  3. WordPress Widget自作

WordPress Widget自作

最近、Wordpressの投稿が多いロト君です。
今回は、Widget(ウェジェット)について自作しようと思います。

1.Widgetの作り方

Widgetの作り方ですが、まずは、functions.phpの中にPHPコードを記載します。

内容は下記のコードです。

<?php
	register_sidebar ( array(
		'name'          => __( 'Main Widget Area', 'theme_name' ),
		'id'            => 'sidebar_name',
		'description'   => __( 'description_text', 'theme_name' ),
		'before_widget' => '<aside id="%1$s" class="widget %2$s">',
		'after_widget'  => '</aside>',
		'before_title'  => '<h3 class="widget_title">',
		'after_title'   => '</h3>'
	) );
?>

2.説明

上記の内容を解説すると、最初の

register_sidebar

で、Widget作成の関数を呼び出します。呼び出した後にarray配列で内容を組んできます。

name' => __( 'Main Widget Area', 'theme_name' )

上記は、Widgetの名前を記載します。ここで、注目する部分は、
__()で、国際化に対応させる事です。
_e()ではいけません。_e()は、echoを記述した形と同じになりますのでここでは、__()で名前を設定します。

また、,で区切った後のtheme_nameは自作テーマの名前を記載します。

'id' => 'sidebar_name',

上記のidは、Widget自身の名前です。Widgetを使う際に、

<?php dynamic_sidebar( 'sidbar_name' ); ?>

で、HTML出力されます。

description' => __( 'description_text', 'theme_name' ),

上記は、Widgetの説明文を記載します。__()の内容は先に説明したnameと同じです。国際化対応の為です。

'before_widget' => '<aside id="%1$s" class="widget %2$s">',

上記はWidgetの前につけるHTMLです。

'after_widget' => '</aside>',

上記はWidegtの後につけるHTMLです。

'before_title' => '<h3 class="widget_title">',

上記はWidgetのタイトルの前につけるHTMLです。

'after_title' => '</h3>'

上記はWidgetのタイトルの後につけるHTMLです。

3.まとめ

意外と、Widget自作するのは簡単でした。細かい記述方法は、Wordpressのリファレンスを読んでみて下さい。

また、Google先生で検索してみると多くの方が書き方や自作・改造していますね!

では、今回はここまで(>ω<)ノシ


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

CAPTCHA



Hello!!

皆さんこんにちは!こんばんは!!ロト君です。

このサイトは私が興味を持ったモノやコトについて掲載をしていくサイトです。

主にパソコン関係やアニメ・ゲーム等について掲載すたいと思いますので、 どうぞ宜しくお願い致します!

コメント等はTwitter等を活用して頂けると有り難いです!!

Twitter: ロト君@lotokunn